ちょっと塩気を感じるくらいがベスト

かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。

おいしく茹でるには一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。

塩分は濃くしないことを心がけて、ちょっと塩気を感じるくらいがベストです。

丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったら食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくと衛生的ですね。

つい最近利用したばかりだったので、聞いた時に驚いてしまったのが、ここ最近被害の訴えが多く出始めたという、通信販売によるかにの送り付け詐欺だそうです。

最初はかに通販の事なんかおくびにも出さずに、電話による世論調査のふりをして簡単な質問をし、対応を誤ると、言葉尻を取られ、かにを契約したことにされてしまい、数日後に明らかにかにが入っていそうな見慣れぬ包みがどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。

買いたくない人に売りつけるのとは違いますが、買いたい人がかにを選ぶときに実物よりランクの高い写真を見せておいてまるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。

法律的な考え方はともかく、こんなやり方は詐欺も詐欺、悪質な手口だと思いませんか。

人を見たら泥棒と思えなんて寒々しい考え方は好きではありませんが、被害にあわないためにはそれくらいの覚悟で生きて丁度いいのかもしれません。

モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、実は、あの上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。

上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。

全体の重さが170グラムから180グラムになるのが標準として出回っています。

ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。

丸ごと使えるかにとして、日本では昔からいろいろな料理にされています。

おいしいタラバガニを選びたい方、注意してください。

まず、雌より雄にしましょう。

雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニを食べるときにぜひ味わいたいおいしい脚肉を食べたければどう考えても雄の方がおいしいのです。

そして、甲羅の中央に並ぶ突起の数を確認してください。

本物のタラバガニなら、突起は6つあるはずで、突起が4つの場合、それはアブラガニというタラバガニと信じて買わないでください。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。

渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが古くから最も一般的とされましたが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

昔からかにに目がなく、旅行は美味しいかにがあるかを基準に決めるほどですが、先日、通信販売ならすぐ送ってくれるし、食べない手はないと、早速注文してみたのです。

こんなに美味しいなんて、うれしい誤算でした。

元だけでも取れればいいやと思っていたのが、お釣りまで来たぐらいです。

今でこそ、世界中の食べ物がクリックひとつで頼めるようになりましたが、そんなことを考え付きもしない頃から、かにを宅配便で全国に販売する会社はあったらしいのです。

ですが、昔は実物を見ることなく買わなければならない通販でかにを買うのがいやだと抵抗を感じる人も多かったですね。

なので、かにを買うのに通販を利用することの利点などなく、産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。

でも、よほどひどいお店を選ばない限り通販のかには軒並み美味しくなっているので、安心できます。

テレビなどで美味しそうなカニ料理が出てきたりすると、無性に食べたくなって困りますね。

かにを注文しようとサイトをチェックしても通販会社がズラリ軒を連ね、かにも、こんなに色々あったかと思うほどの豊富さです。

選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。

終いには人を見てもかにに見えてくるなんてことになるかもしれません。

そもそも間違いのない選び出し方はと言うと何のことはない、キーワードは人気です。

お店も、種類も、共に人気を集めるものがさし当たってのいいものと信じることです。

そんなことぐらいなら考えれば誰だってわかると思うかもしれませんが、その点を押さえるだけで結果が変わってくるのです。

分かりやすいランキングや比較サイトなどを参考にしてもいいと思います。

ただ鵜呑みにせずにあくまでも自分で判断しましょう。

何回かの購入で人気と自分の好みとのギャップがはっきりしてきたら、自分の嗜好にあったかにが思いもかけないお店でわかってきて、かにの奥深さを感じられるようになるかもしれません。

日本人の多くは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだと思っているでしょう。

実は私もかつてはそうでした。

しかし、食べ放題の良し悪しもピンキリです。

最近は「安かろう悪かろう」ではない食べ放題も増えてきているのです。

食べ放題といっても、名産地の旅館や蟹専門店のコースなら、蟹の中でも特にグレードの高い蟹を心行くまで味わい尽くせるはずです。

しかし、もっと本当に美味しい蟹をお求めなら食べ放題よりも、ちゃんとしたブランドの蟹を購入するほうがいいでしょうね。

蟹通販が便利になった今では、以前にもまして、知り合いや家族にお歳暮で美味しい蟹を贈りたい方もいますよね。

ですが、油断は禁物です。

蟹は新鮮さ命です。

鮮度が損なわれれば、美味しさも損なわれてしまいますし、最悪は、食あたりのリスクも孕んでいます。

そんな事態を避けるためにも、ちゃんとしたお店かどうか、購入前によく調べてください。

そして、二度手間にならないよう、留守中でない時間をちゃんと指定して発送するべきなのは言うまでもありません。

安さが特色のかに通販もありますが、利用には注意が必要です。

届くまで品物を見ることができませんので、市場で買えるくらいの鮮度のよい品が送られるとは言い切れません。

この業者から買って大丈夫かどうかがかに通販のキーポイントです。

通販でかにを買うのは初めて、と言う方は良心的な業者を探すのは大変なので、口コミや評価があればそれも参考にして自分にとってのよい業者に出会ってください。

かに通販の特徴ですが、ポーションの販売が案外目立ちます。

殻から出した中身の、細かくほぐす前という半加工品です。

むき身にしたかにをイメージしてください。

むき身の方が手軽に調理できるというのもありがたいですし、多くは殻の割れなどの訳あり品なので、新鮮なのに安く売られているというのも、高く評価したい点です。

お得で便利な蟹通販。

最近では取扱業者も増えてきて、いつでも好きなタイプの蟹を注文できるようになりました。

でも、実物を見ないで買うのはちょっと不安という方もいますよね。

業者を選ぶのにお困りかもしれませんね。

蟹通販を利用する際には、必ずその業者に寄せられているレビューを確認するようにしましょう。

とはいえ、全てのレビューがアテになるわけではありません。

注意点としては、レビューの中にはサクラが紛れ込んでいることを常に意識することです。

レビュー件数が少ないのに、「よかったです!」などの単純な評価が多く付いていたら、一目見てそれはヤラセだと分かります。

かにの産地として有名な地方と言えば北陸を挙げる方が多いです。

かにだけでなく、温泉にも入りたければ、粟津温泉は特に知られています。

かにをふんだんに使った料理を食べるために冬は特に、全国からの観光客が湯治などに訪れます。

粟津近辺のかには加能がにと呼ばれ、ズワイガニですが、歯応えのある甘い身が特長です。

かにと温泉のベストマッチを求める方にはきっと納得できるでしょう。

セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。

松葉ガニと比べてみれば、おおむね小ぶりなかにですが、卵が甲羅の中に詰まっており全体に濃厚な味なので、セコガニの熱心な愛好者が一部で知られています。

このかには、11月から1月までしか獲れる許可がおりないため、その意味でも非常に貴重なかにです。

テレビのバラエティでかにの話をしていて、通販でかにを買えるという話で、たくさん入ったかにを探していましたし、おいしそうだったので送料がかからないならいいかと、お正月用を頼んでみました。

生鮮食品のお取り寄せは今までしたことがなく、どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。

ぎっしり身が入っていましたから、届いたかにを調理して一安心しました。

しかもゆでて良し、鍋で良しのおいしさで、新年早々みんなにこにこでした。

今でも家族でかにの話をしますので、カニ お取り寄せ 通販で今年も買いたいです。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク